通勤用自転車の選び方

通勤用自転車の選び方

通勤に使う自転車に必要な3つの条件をご存知ですか?
この3つの条件をしっかり考えて購入すれば、使い勝手が良くて長く安全に乗ることができるんです。逆に私が絶対にお奨めしないのは、安ければなんでもいいという選び方です。安いには理由がありますよね

スーパーでもコンビニでも、どんなお店でも値段が安くなっているものは早く売り切りたい商品だったりします。もともと定価が安いものは品質に大きな差があることが多いと感じたことありませんか?

通勤用自転車選びの3つの必須条件とは

乗車時間で選ぶ

震災のあと自転車がかなり大きく見直されているのですが、とにかく何でもいいから自転車が欲しいという人が思い切って(とにかく思い切りで)自転車を購入されたようですね。
通勤にお勧めな自転車は、最寄駅までの往復で乗る場合と片道5キロ以上の通勤に使う場合で少し変ってきます。乗車時間が長い場合は、クロスバイク(例えば、クロスバイク一覧はこちら)がお奨めだなと思うのです。片道5キロとなると約30分の乗車時間になりますよね。

5キロ以上の通勤となると、信号に連続して引っかかるというよりは、しばらく走り続ける時間が比較的長いので巡航運転が楽なクロスバイクが自然と選択肢になってきますね。欧米のビジネスマンが自転車で通勤するようなスタイルがまさにこれにあたります。リュックスタイルには身を守る大きな理由があるのですが、後でご紹介することにします。

自分の身長で選ぶ

身長にあわせて自転車を選んだほうがいいということは昔からよく言われたことですが、その理由はご存知ですか?自転車にまたがったまま停車するときに、足が地面につくかどうかということを基準にして言われてきました。最近では高校生以上の男性だったら28インチ程度を選択する方が多いですね。

お奨めの自転車のサイズは男女問わず、
身長が160センチを超えていれば27インチ、28インチ程度の自転車がお奨めになります。
160センチ以下では24インチ、26インチあたりの自転車が軽快に運転しやすい目安になりますよ。
通勤用の27インチクロスバイクおすすめは、こちらが参考になるので見てみてください。

カゴ・両脚スタンドを選ぶ

通勤用なので出勤用のかばんを持っていますよね。自転車用のカゴは必要になりますが、実はカゴはオプション扱いなので自転車の設計で考慮されにくいポイントなんです。私たちユーザーがどんな大きさのどんな重さのかばんをカゴに入れるかなんて設計の段階ではわからないですよね。

特に前カゴの場合は、ハンドル操作の妨げになるので3キロ以上の物は入れないほうがいいんだそうです。このハンドル操作が危険になることを避けるために欧米では自転車通勤するビジネスマンはリュックタイプのかばんを多用することが多いというわけなんです。通勤用のビジネスリュックが最近かなり人気です。

おすすめのメッセンジャーバッグは、通気性が良いのはもちろんだけど、しっかり丈夫であることと体にフィットしやすいと言うポイントも見逃せない大切な要素なんです。
PCスリーブ付きのかっこいいメッセンジャーバッグが自転車通勤にお奨めな理由は、PCが入るっていうのが超便利だからです。大都市を自転車とメッセンジャーバッグで行き来しながら、まるでノマドワーカーのように自在に仕事をこなせそうですね。

Comments are closed.

ページの上部へ